© ehle institute. All rights reserved.

お知らせ

NEWS

  • 職員の志
  • 4.すべての機会が自己の本質を活かす知識取得の時ととらえ、学び・成長のチャンスとして受け入れる。

4.すべての機会が自己の本質を活かす知識取得の時ととらえ、学び・成長のチャンスとして受け入れる。


この行動指針を読んだとき、「自己の本質を活かす」知識取得とはなんだろうかと考えます。「自己の本質」を自分なりに解釈すれば、「自分の生き方」「心底したいと思う知的な欲求」かなと思っています。振り返ってみると現在携わっている国際業務が私は大好きです。単なる仕事としての魅力だけでなく、自分のライフワークにもなりうるのではないか、70、80、90といくつになっても関わっていたいフィールドだと考えます。そして亡くなって20年目になった父の言葉をよく思い出すのですが、「悩め!悩むのが人間の仕事だ。悩まない人間はだめだ!」と。現在募集がうまくいっている状況ではありませんが、逆境のときにあるときこそ自己の本質を活かす知識取得なのかもしれないと考えます。悩んで悩んで悩みぬいて、実行し、失敗しながらも「心底したいという知的な欲求」は膨れ上がり、自分を大きくしてくれるような気がします。
入学支援事業本部 本部長 韓洋春


© All rights reserved. Powered by ehle institute.