© ehle institute. All rights reserved.

お知らせ

NEWS

  • 職員の志
  • 12.自己の責任に対して厳しさを持ち、納期を守り、経費の節減に努める。

12.自己の責任に対して厳しさを持ち、納期を守り、経費の節減に努める。


自己の責任に対して厳しさを持つというところを取り上げてみたいと思います。
昨年度までは入学支援事業本部で留学生の募集が役割責任でありましたが、今年4月より学生支援メンタリング室に異動となりました。私の大きな役割としてはエール学園寮および外部宿舎の手配、アルバイトの紹介が中心となっています。
また、留学生を対象にしたイベントの参加促進も役割のひとつです。
7年前に日本語教育学科にいた時よりも、イベントの数は増えています。これはひとえに地域交流が充実している証拠だと思います。もちろん、エール学園に入学して、希望する大学・大学院に入学させることと、日本で就職を希望する留学生に就職をさせることが、第一の目標ですが、数あるイベントに参加して、日本人と触れ合ったり、日本文化を享受したりして満足してもらうことによる、後輩たちへの口コミにつなげられるよう責任を持って、これからも対応していきたいと思います。
国際進学事業本部 学生支援メンタリング室 野本 和


© All rights reserved. Powered by ehle institute.