沿革

沿革

 1967年

大阪市浪速区難波1号館にて学園発足 難波経理学院を開校する。
難波予備校を開校する。

 1968年

難波電気工学院を開校する。

 1969年

日本写植学院を開校する。

 1976年

予備校部門で学校法人の認可をとり、学校法人エール予備校発足 2号館建設

 1979年

専門学校3校を統合させ、学校法人エールリカレントビジネス学院を開校する。
設置学科 : 経理学科、秘書学科、情報処理学科、英会話学科、

1983年

校名をエールリカレントビジネス学院からエールビジネス専門学校に 改称する。 3号館建設

1988年

この年より国際化を強力に推進 エールオーストラリア校、ゴールドコーストカレッジオブビジネスを 開校する。

1989年

学校法人エールビジネス専門学校の中に日本語学校発足

1995年

アジア拠点としてエールコリア(韓国ソウル)、エールチャイナ(中国上海・北京・広州)へオフィスを開設する。 

1997年

エール予備校の拠点校として、西大寺校・橿原校・王寺校を開設する。

1998年

エールビジネス専門学校からエールネットワーク専門学校へ校名を改称する。
テラ外語専門学校を開校する。
設置学科 : 国際留学科、国際ビジネス学科、応用日本語学科

2005年

国際メンターシップグラジュエートスクールを開校する。

2006年

エール予備校、エールネットワーク専門学校、テラ外語専門学校を統合させ 学校法人エール学園に名称を統一
設置学科 : 国際ビジネス学科、国際コミュニケーション学科、コンピュータービジネス学科、応用日本語学科、
日本語教育学科、 大学受験専科

IMA Banner
Tera Banner
Kyuinn Banner
Syokugyo Banner
Kyouikusienn Programe
Rizicyo Ryugakuseitowa
Haswgawa Radoi